スポンサーリンク

■□■Jw_cadの基本操作

Jw_cadの基本的な使い方をご紹介するのですが、あまりにも簡単すぎて拍子抜けするかもしれません。

 

それぐらい簡単だということですから、私よりパソコンに慣れ親しんだみなさんなら、あっ! と言う間に出来るようになると思います。

 

私の場合は、誰に教わるでもなく、全て参考となる書籍やネットでの検索でほぼ独学で練習しましたので、こんな偉そうなサイトで紹介するほどのスキルは持ち合わせていないのですが、かつての私のように初歩的なことで悩み、躓いていたのでは時間の無駄ですから、そんな方々の少しでもお力になれればと思って、このサイトに使い方の掲載を続けています。

 

さてこちらのカテゴリ『Jw_cadの基本な使い方』では、

 

など本当に基本的な使い方について紹介する予定ですが、その前に図面作成の際に便利なマウスの使い方を少し紹介しておきますので、この使い方だけは最初にしっかり覚えておいてください。

 

その使い方というのはマウスのクリックボタンを使うのですが、一般的にパソコンを使うときでは考えられない使い方で、マウスボタンを同時に押えて使う使い方になります。

Jw_cad マウスボタンの使い方

 

この画像のようにマウスの両ボタンを同時に押えたまま少し動かすだけで5種類の使い方が出来ます。
その状態は、下の画像を見てください。
Jw_cad マウスボタンの使い方

 

ご覧のようにそれぞれの方向にマウスの両ボタンを押したままマウスポインターを移動させると画像のような操作が可能です。

  • マウスの両ボタンを押えるとその地点を中心として画面が移動します。
  • 左上方向に移動させると、表示全体が縮小します。
  • 右上方向で、本来設定された大きさで表示されます。
  • 左下方向に移動させると一つ前の表示状態に戻すことが出来ます。
  • 右下方向に移動すると画面を拡大することが出来ます。

    拡大するときは、拡大する部分を囲むようにしてください。

このように簡単に5種類の操作が出来ますから、図面作成中にそれぞれの操作をするのがとても簡単に出来るようになって、時間短縮が期待できる使い方ですからこの使い方はぜひ覚えていただきたいと思います。

 

次も図面を描く前の設定です。

 

次はこちら⇒⇒⇒Jw_cadの画面背景色の変更方法

 

スポンサーリンク

Jw_cadの基本的な使い方記事一覧

Jw_cadを使い始めて、画面の背景色が白だと眼が疲れる方も多いと思います。そんなときには画面の背景色をほかの色に変更してみましょう。
こちらでは、Jw_cadを本格的に使う前に行う簡単な作図枠の設定方法をご紹介いたしますので、みなさんも設定してください。
Jw_cadで建物の図面などを描くときに便利な、目盛グリッドの使い方紹介します。
Jw_cadでがんばって描いた図形を一度きりにするのではなく、描いた図形を登録して、何度でも使いましょう。そのために図形の登録と呼び出しの使い方を覚えておく必要がありますので、ここで覚えてください。
Jw_cadで簡単にいろんな線を描く方法を紹介いたします。線の描き方で困ったら参考にしてください。まずは、探したい項目をこちらで確かめてください。
Jw_cadで簡単にいろんな円(丸)を描く方法を紹介いたします。円(丸)の描き方で困ったら参考にしてください。
Jw_cadの作図画面のサイズを変更する使い方を紹介しています。図面作成範囲を拡大、縮小したり、図形の一部を拡大表示させる使い方など練習しておきましょう。
Jw_cadで描いた図面に必要な情報を欠きこくときに必要な文字入力の使い方と設定について紹介しています。文字を自由自在に操ることも図面作成ではとても大切なことですから、ここでしっかりと練習してください。
Jw_cadで描いた図面に寸法を入れる使い方を練習しておきましょう。一口に寸法を入れると言っても、直線の寸法もあればアールや角度などいろんな寸法の入れ方がありますからしっかり練習してみましょう。
Jw_cadに使い方を練習してきましたが、これまでに練習してきた使い方を駆使して描ける練習図面を用意しておきますので、ここまでに練習してきた成果を存分に使って、挑戦してください。

白目をきれいに