スポンサーリンク

■□■Jw_cadで直線と同時に寸法を入れる方法

ここでは、Jw_cadを使って直線を描くと同時に寸法を入れる使い方を練習してもらいます。

 

ここまでに、直線の描き方を練習してきました。

  1. 水平、垂直の直線の描き方
  2. 角度を指定して直線を描く方法
  3. 長さを指定して直線を描く方法

 

あまりにも簡単に出来るのに、3回に分ける必要があるのか」という声も聞こえてきそうですが、まったくの初心者の人にも見ていただいて、一人でも多くの方にJw_cadを使っていただきたいので、こと細かく説明していますからある程度使える人でこの程度のことは必要ないと思ったら、スルーして他のページの練習に進んでもらってもけっこうです。

 

しかし、初心者で、このサイトを見て初めてJw_cadをインストールした人は、飛ばさずに順番にステップアップしていってください。
結果的には、そうすることが一番の近道ですし、着実にJw_cadを使う技量の向上につながります。

 

直線を描くと同時に寸法も入れる使い方

図面など寸法が必要なものや、DIYで使う図面などで活用すると便利なのがこれから練習する直線を描くと同時に寸法を入れる使い方です。

 

正規の図面として仕上げるなら寸法の入力は必須ですから、後から寸法だけを入力するなんてことも多いものですが、これがけっこう大変な作業でそれだけでかなりの時間を要するものです。

 

正規の書式を指定されている図面ならともかく、簡単な図面なら必要最小限の寸法は同時に挿入したいものです。
ですから、私はこの機能をよく使っています。

 

特に自宅DIYなどでは、ほとんどこの使い方しかしていないと言っても過言ではありません。
それほど簡単だということですから、みなさんも一度試してください。

 

それでは、その簡単な使い方の手順を紹介しておきましょう。
Jw_cad 直線と同時寸法を入れる使い方
赤枠のところにチェックを入れてください。
以上終了です。

 

後は、いつもどおりに直線を引くだけです。
すると下の画像のように、寸法が入力されます。

 

Jw_cad-tool-6

 

とても簡単に直線を描くと同時に寸法が入力されます。
このように簡単に使えるものですから、ぜひ活用してもらいたいと思います。

 

この方法は、斜めの直線にも有効ですし、長さの指定と併用することもできますので、活用範囲はかなりあると思いませんか。

 

ですから、私は自宅DIY用の図面などで活用しているんです。

 

本格的な図面なら、全体寸法やら、詳細寸法やら、いろいろな寸法を書き込んでおかなくてはなりませんが、自宅のちょっとしたDIY程度なら全体の長さがわかる程度で十分ですし、この使い方なら趣味で何かを作るなんて時にも活用できるのでとっても便利です。

 

このように、Jw_cadは仕事だけでなく、趣味なんかにも活用できるんじゃないかと思います。
そうすることで、Jw_cadに触れるチャンスも増えますので上達の速度も速くなることが期待できます。

 

このように簡単に使える機能も備わっていますから、仕事だけじゃなく日曜大工の図面などにも活用していただければいいんじゃないでしょうか。
無料のJw_cadですから少し使い方を練習すれば、これまで以上にすばらしいものが作れるかもしれませんので、みなさんがんばってください。

 

次はこちら⇒⇒Jw_cad 中心線を描く使い方

 

スポンサーリンク


白目をきれいに