スポンサーリンク

■□■Jw_cad 描いた円の消し方

ここでは、Jw_cadで描いた円の消し方を練習していただきます。

 

円全体を消すだけなら、ワンクリックで簡単に消すことができますが、図面上に描かれた円の一部不要部分だけを消すときには少し違った操作が必要となりますので、そのあたりをしっかりと練習していただきたいと思います。

 

描いた円をワンクリックで消す使い方

Jw_cad 描いた円の消し方1

描いた円をすべて消すのは簡単です。

 

操作手順

  1. ツールバーの「消去」を選択する。
  2. 消去対象円を右クリックする。

 

これだけでGIFアニメのように一瞬で円を消すことができるので簡単です。
しかし、この方法では、一部を残したり、思い通りに円を消すことはできませんので、次に円の消す部分の指定方法を練習していただきます。

 

 

描いた円を思い通りに消す使い方

Jw_cad 描いた円の消し方2

GIFアニメでお解かりいただけると思いますが、これが思い通りに円を消す使い方です。
操作手順は、円をすべて消すときに少し手順が増えるだけで大きな差はありません。

 

操作手順

  1. ツールバーの「消去」を選択する。
  2. 対象円の消去開始始点を右クリックで指示する。
  3. 消去する終点を右クリックで指示する。

 

※円上に点が無いときは、任意の位置を左クリックで指示してください。

 

手順はこれだけですから、簡単です。
どこをどう残したいのかを考えて指示すれば、思い通りに円の一部を消去することが出来ますので、指示の順番を間違えないようにすれば問題ありません。
仮に、間違ったとしても「戻る」をクリックすれば前の状態に戻せますので慌てないようにすることが大切です。

 

これで円を消すときの使い方は終わりです。
あとは、みなさんがしっかり練習して習得するだけです。

 

次はこちら⇒⇒Jw_cad 画面サイズ変更の使い方

 

スポンサーリンク


白目をきれいに