スポンサーリンク

■□■Jw_cad 寸法入力の使い方

ここではJw_cadでの寸法入力の使い方を練習していただきます。
Jw_cadだけでなく図面と言うものは、他人に自分の意図を伝える手段ですから必要な情報を漏れなく書き込んでおかなくてはなりません。
その一つが各寸法の入力です。

 

簡単なところでは直線の寸法の入力から角度、アール、円周などなどいろんな寸法を入力しておかなくてはなりません。
一つ一つの寸法を単独で入力することもあれば、いろんな条件を組み合わせて書き込んでおかなくてはならないときもあり、入力方法を知らないと統一性が保てなくなることもあるものです。
統一性の保たれていない図面は先のJw_cadの文字入力の使い方の中でもお伝えしましたように、見る側の人にストレスを与えることになってしまいがちですから、ある程度の統一性を保ちつつ重要な情報を強調したりして伝えるようにしなくてはなりません。
そのためにも基本的な使い方はしっかり覚えておく必要がありますので、こちらで基本的な寸法入力の使い方を練習して習得してください。

 

こちらもこれまで同様に画像やGIFアニメなどを使って少しでも解りやすくなるようにしていますので順番に練習を重ねていってください。

 

  1. Jw_cad 寸法入力の設定
  2. Jw_cad 寸法入力(基本の使い方)
  3. Jw_cad 寸法入力(引出線を付ける)
  4. Jw_cad 寸法入力(引出線付寸法)
  5. Jw_cad 寸法入力(引出線角度変更)
  6. Jw_cad 寸法入力(斜め線への書込み)
  7. Jw_cad 寸法入力(角度の書込み)
  8. Jw_cad 寸法入力(円寸法の書込み)

 

次はこちら⇒⇒Jw_cad 寸法入力の設定

 

スポンサーリンク

Jw_cad 寸法入力の使い方記事一覧

Jw_cadで描いた図面に寸法を入れる使い方を練習しておきましょう。一口に寸法を入れると言っても、直線の寸法もあればアールや角度などいろんな寸法の入れ方がありますからしっかり練習してみましょう。
Jw_cadで描いた図面の直線に寸法を入れる使い方を練習しておきましょう。図面上の直線に寸法を入れる使い方は、図面作成の基本となるものですから、しっかり覚えておきましょう。
Jw_cadで描いた図面に寸法を入力するときに実際の図面でよく見られる寸法の記入方法をするために必要な事柄を紹介しています。
Jw_cadで描いた図面に寸法を入力するための設定を前回紹介しましたので、ここでは実際に寸法入力の使い方を練習したいと思います。
Jw_cadで描いた図面に寸法を入力する時の引出線の角度を変えて寸法を書込む方法。引出線の角度を変えることで、一部の寸法を強調したりすることも出来ます。
Jw_cadで描いた図面の中の斜めの線に寸法を書込むときの使い方を練習しましょう。図面の中には角度の付いた斜めの線も多く描くものですから、その斜めの線に寸法を書込む時の使い方をここで覚えてください。
Jw_cadで描いた図面の中に線の角度を書込むときの使い方を練習しましょう。直線の寸法も重要な要素ですが角度もとても大切な図面要素ですから、ここでその使い方を練習して習得してください。
Jw_cadで描いた円に寸法を書込むときの使い方を練習しましょう。円への寸法の書込み方法は3種類ありますので、それらをこちらでしっかり練習してください。

白目をきれいに