無料 Jw_cadの使い方| その他(1)ツールバー

スポンサーリンク

Jw_cad その他(1)ツールバー

無料で使えるJw_cadに備わっている便利な機能を使うためのツールバーの内容を紹介するのですが、名前が『その他』なので、たいしたものは無いと思いがちですが、それがどっこい!図面作成にはとても大切機能がたくさんあるので、ここもしっかり練習してマニュアル本やヘルプページを見なくても操作できるようになってください。

 

その他(1)ツールバー
その他』のツールバーはたくさんあるんですが、よく使うのは画像で紹介してる『その他(1)』ツールバーでしょう。
どんな図面を描くにしてもお世話になる機能が集約されたツールバーですから、このツールバーを使わないなんて人は居ないはずです。

 

ツールバーの確認は、メインメニューの『表示(V)』⇒『ツールバー(T)』で確認すると画像のようなダイアログが開きます。

 

ツールバーダイアログ
このダイアログを見れば、どんなツールバーがあるのかが一目瞭然です。
ここで必要なツールバーにチェックを入れることで画面上にツールバーを表示することができます。

 

この説明は『Jw_cad ユーザーバーの設定』の中でも少し触れていたと思いますので、そちらをご覧ください。

 

確認できるだけで『その他』ツールバーが6つあります。
ではどんな内容なのか各ツールバーを画像で確認してください。

 

その他ツールバー

 

こうして内容を確認してみると、ほかのツールバーからも実行できるものが有ったりするので、覚えることはそう多くないことがお分かりいただけると思いますので、他から実行できるものに関しては関連ページへのリンクを設置するなどして対応させていただきますのでご了承ください。

 

まず『その他(1)』ツールバーの使い方から始めましょう。

 

『その他(1)』ツールバー
LI点『図形』 LI点Jw_cad 図形読込の使い方
LI点『図登』 LI点Jw_cad 図形登録の使い方
LI点『記変』 LI点Jw_cad 線記号変形の使い方
LI点『座標』 LI点Jw_cad 座標ファイルの使い方(1)

LI点Jw_cad 座標ファイルの使い方(2)

LI点『外変』 LI点Jw_cad 座標面積計算の使い方
LI点Jw_cad 三斜面積計算の使い方
LI点『測定』

LI点Jw_cad 測定の書込み設定

LI点Jw_cad 直線距離測定の使い方
LI点Jw_cad ○単独円指定の使い方
LI点Jw_cad 円弧距離測定の使い方
LI点Jw_cad 矩形面積測定の使い方
LI点Jw_cad 円・円弧面積測定の使い方
LI点Jw_cad 座標測定の使い方
LI点Jw_cad 角度測定の使い方
LI点『表計』 LI点Jw_cad 表計算の使い方
LI点Jw_cad 表計(乗算)の使い方
LI点『距離』
LI点『式計』
LI点『パラメ』

 

次はこちら⇒⇒Jw_cad 図形読込の使い方

スポンサーリンク


(無料 Jw_cadの使い方)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Jw_cad その他(1)ツールバー記事一覧

無料で使えるJw_cadを使うときにすでにある各種の図形を一から書くなんて、無駄以外の何物でもありません。そのためにはどこに保管されていてどうすれば使えるのかを知っておかなくてはなりません。その方法をこれから練習していただきます。Jw_cadを使うんだったら絶対必要な使い方なので、ここで練習して覚えてください。

無料で使えるJw_cadで図面を描くときに図形の貼り付けの練習をしていただきましたが、あれは最初からJw_cadに備わっている図形でしたが、ここでは自作した図形や他のパーツから取り込んだ図形を登録して使えるようにする方法の練習をしましょう。

無料で使えるJw_cadその他(1)ツールバーの中に『記変』というタブが有ることはすでにご存知ですよね。ページタイトルで紹介しているようにメインメニューでは『線記号変形(S)』として表記されていますので、これが短縮前の名称です。

無料で使えるJw_cadは、建築関連の業者さんに優しい設計になっていることはご存知だと思います。ここで練習する『座標』もそんな中の一つでしょう。図面作成の前に現地調査してBM(ベンチマーク)を決めてそこから正確な距離を測って座標を作って敷地図を造ったりすると思います。ぞの座標から平面図を作るときに便利なのがここで練習していただく『座標』の使い方です。座標関連でお伝えしたいことがたくさんあるので、数...

無料で使えるJw_cadで座標使うための座標ファイルの作成をしていただきましたので、ここではその座標ファイルを使って図面への図形の貼り付け方を練習しましょう。測量時点の座標点から座標ファイルを作ることで、簡単に敷地図などを描くことができますので、設計段階での作業を大幅に軽減することができます。座標ファイルでの図形の描き方作成して保存してある座標ファイルを使って簡単に図面上に図形を取り込むときの使い...

無料で使えるJw_cadの中でも特殊で便利なのがこの外部変形という機能です。Jw_cadをダウンロードすると中のフォルダに表中で備わっている外部変形ファイルが収めれれているので、使い方さえわかればいつでも使える状態にあるのですが、使い方を知らなければ宝の持ち腐れということになってしまって、とてももったいないことになってしまします。ですからこれからご紹介する使い方を覚えて、日々の図面作成に活かしてい...

無料で使えるJw_cadに備わっている外部変形機能の中でにある『三斜面積計算』の使い方を紹介します。三斜面積計算は、敷地面積の計算等に用いられるもので、建築関係の現地調査による敷地面積の計算などによく用いられる計算方法なので、建築関連の方はよくご存じだと思います。その三斜面積計算を素早く簡単にしてくれるのが今から紹介する外部変形機能です。

無料で使えるJw_cadに備わっている【測定】を使うときに使いやすく見やすい書き込みにするための設定方法を紹介しておきます。測定を使うと距離、面積、角度などを簡単に測定することができて、尚且つ図面上に簡単に書出すことができるのでとても便利ですから、この便利な機能をみなさんにも存分に使っていただきたいので、これから使い方を練習していただくのですが、その前に少しだけ書込みに関する設定を説明しておかなく...

Jw_cadその他(1)ツールバーの中に『測定』の中にある【距離測定】の使い方を紹介します。ツールバーとコントロールバーの画像を見てもらうと分ると思いますが、下のコントロールバーの左端にあるのが【距離測定】を行うときに使うタブで、この中でも直線・円・円弧距離測定があるので、一つずつ紹介しますので、それぞれを練習するようにしてください。

Jw_cadその他(1)ツールバーの中の『測定』の中にある【距離測定】の使い方を紹介します。ここでは円周を簡単に測定する使い方を練習していただきます。

Jw_cadその他(1)ツールバーの中の『測定』の中にある【距離測定】の使い方を紹介します。ここでは円弧の距離を測定する使い方を練習していただきます。円弧距離測定の使い方円弧距離測定なんて書きましたが、曲線の距離を測るだけなので、まずはアニメでサクッと使い方を見てください。見てもらうと分かるように、そんなに難しい操作はありませんので、こちらも操作手順を箇条書きにしたものとアニメを見比べながら練習す...

無料で使えるJw_cadには、便利な機能がたくさん備わっていますが、その中からここでは【測定】の中の『面積測定』の使い方ろ紹介いたします。もうこのコントロールバーは見慣れましたね。ここに並んでいるいくつかの測定方法を一つずつ紹介していますが、まだ二つ目ですから先は長いと言えるでしょうけど、あきらめずに練習して効率よく図面作成できるようになってください。

無料で使えるJw_cadに備わっている便利な機能の中の【測定】の使い方を練習して、今は『面積測定』を練習しています。ここでは、円の面積と円弧を含む面積測定の使い方を練習していただきます。

無料で使えるJw_cadに備わっている【測定】の中の『座標測定』の使い方を紹介しています。この機能を使うことで、違うレイヤーや図面にも簡単に同じ図形を描くことができるようになるので、図面作成の時間短縮や正確性を求めるなら、覚えておきたい機能になるります。

無料で使えるJw_cadに備わっている【測定】の中の『角度測定』の使い方を紹介しています。【測定】タブを使うことで「寸法」で調べるのじゃなく、任意の位置に測定結果を書込むことができるので、自由度があって、思い通りのレイアウトで結果を表示することができます。

無料で使えるJw_cadに備わっている【表計】を使うときに使いやすく見やすい書き込みにするための設定方法を紹介しておきます。表計算を使うと、面積計算書などを一つの表として書出したりすることができるので、一々計算する必要が無く、いくらたくさんの計測値が有っても簡単な操作で瞬時に計算してくれます。こんな便利な機能を使いこなせるようになれば、図面作成の時間も短縮できるし、書出したものをそのまま図面に添付...

無料で使えるJw_cadに備わっている【表計算】にある乗算の使い方を紹介しています。表計算を使うときの基本となる使い方なので、乗算の使い方をしっかり身に付けるようにしてください。乗算の使い方をマスターすることで、ほかの計算もすぐに使えるようになるので、少しだけ真剣になって練習してください。