スポンサーリンク

■□■Jw_cadの図面作成範囲を変更する使い方

このカテゴリでは、Jw_cadの図面作成範囲のサイズを変える使い方の練習をします。

 

図面を作成する範囲の表示はモニターサイズなどによって変ります。
一般的なモニターであれば全てが表示されていても、ワイドモニターだと図面作成範囲の上下が切れてしまったりして図面作成範囲を判別しにくくなることもあります。
こんなときに、モニターサイズに合わせて画面表示範囲を調整しておくと見やすくなりますし、図面の一部が印刷範囲からはみ出していたりすることもなくなるので、失敗を少なくすることができるようになります。
また、図面作成中に一部分だけを拡大表示させて細かな部分を描きたいときなどのために一部を拡大する使い方などを紹介していきますので、日々の図面作成に活かしてもらえればこれまで以上に図面作成の時間も短縮できるでしょうし、眼精疲労なども少しは軽減できることが期待できます。

 

この図面作成画面のサイズの変更方法にもいくつかの方法がありますので、一つ一つを解りやすく解説しておきますので使いやすいものを選んで使ってください。

 

まず最初に簡単な設定を行っておくことでその後の作業がスムーズになるので、簡単な設定からはじめてもらいます。
とは言うものの設定などと言う大袈裟なものではなく、本当に簡単な設定ですから気後れせず設定画面を開いて簡単に設定しておいてください。

 

それでは、このカテゴリの練習内容を確認してください。

 

  1. 画面サイズ変更のための設定
  2. 図形の一部を拡大する使い方
  3. Jw_cad マウスホイールで拡大縮小

 

これらを順番に紹介していきますからとりあえずザッと読み進めてもらってから、あなたにとって使いやすいものを選んで使ってください。

 

次はこちら⇒⇒Jw_cad 画面サイズ変更の設定

 

スポンサーリンク

Jw_cadの画面サイズ変更の使い方記事一覧

Jw_cadの作図画面のサイズを変更する使い方の設定の仕方を紹介しています。最初にこの設定を行っておけば、図面作成中の拡大縮小が簡単にできるようになります。
Jw_cadを使って図面を作成中に一部分だけを拡大して細かな部分を見たいときに簡単に拡大する使い方を紹介しています。簡単に一部分を拡大できるので、細かな図面でも細部までキッチリ描けるようになります。
Jw_cadを使って図面を作成中に作図範囲の拡大縮小をマウスホイールでできるようにする方法を紹介しています。使い方は簡単ですし、使い慣れるととっても使いやすいものですから一度お試しください。

白目をきれいに